トップページ >> BLOG

森の仲間達

抱卵中

抱卵中の サザナミインコ 、 SLG SF グリーン/イノ × ルチノー 。

現在は 8巣房程が 抱卵中で、挿し餌の楽しみも 今は じっと 我慢の 飼鳥生活である。

今月末には ぞろぞろと ヒナの 誕生~ 姿が見えてくるものと 期待をしている。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:27 AM  Comments (0)

薬師寺 西塔

薬師寺 、昨夜の プロジェクト X は 良かったと思います。

画像は 21年前の 放映画像故に 古い感じは否めないが、内容は 少しも 色褪せるものではない。

法隆寺 宮大工 西岡常一、彼が 残したものに 薬師寺 西塔もある。

下記 添付の JR東海 CM 動画は その 西塔と 東塔(創建現存)を 仰ぎ見る 素晴らしい作品である。

右記  薬師寺クリックで ご覧になれます、 →  薬師寺 (JR東海のCM動画で 安全です)。

動画の終盤、「薬師寺金堂 薬師三尊像」の前をお歩きになっておられる、お坊様と お話ができた。

お話の中で、「あの CMに出てくるのは 私です」 とおっしゃっておられた。

この動画は 好きですねぇー、スマホに入れてあり、見るたびに 心穏やかになります。

 

  

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 4:18 PM  Comments (0)

プロジェクト X

戦国時代に焼失した 薬師寺・金堂。 5年の歳月をかけ昭和51年に完成した。 400年前の姿復元させる難工事に挑んだのは「鬼」と言われた 宮大工若い大工たちだった。

「 薬師寺 幻の 金堂 」 何と 本日の NHK BS3  (pm 9:00~)で 再放映されれる。

最初に 総合テレビで 放映されたのが  2000年 10/17 。 素晴らしい内容に、薬師寺が好きになり、宮大工 西岡常一に あこがれ 書籍を求め、薬師寺には 何回か行く事になる。

最初に 行った時に、薬師寺のお坊様と会話し、「あの放送は内容的に不本意であり、今後一切 再放送は許さないと」、言われて、がっかりしたものである。

それが本日 21年歳月経て、 4Kリストア版として プロジェクト X の最終回を 飾る。

薬師寺に 電話して、経緯を聞こうとしたが、電話に出られた方は、本日の放送があることさえ 知らなかった(苦笑い)。

いずれにしても 楽しみであり、宮大工凄さが分かる感動の物語、是非に見て頂きたいものである。

 

  

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 10:33 AM  Comments (4)

繁殖モードは

日記です スルーを、 我が静岡県も 緊急事態宣言が延長され、県外への外出自粛も継続に。

已む無く 長野県 木曽川の支流、阿寺渓谷 への旅も断念し、宿は キャンセルをした。

本日も 一級河川 菊川サイクリングロード で、 来るべき ドライブ旅に備え 体力強化に励む。

 サザナミインコ 達は 至って 元気に、 繁殖モードは 順調そのもの。

 

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 11:54 AM  Comments (0)

問い合わせ

遊びの森  から旅立った サザナミインコ に関して、 関西の ブリーダーさんから 、

我が禽舎の 識別リング (R No × × ×  113) を提示され、両親情報 を 聞いてこられた。

ペアが 今回 初めて 産卵し、しかも有精卵だったようで  大いに期待されている。

回答

①  ♂ ブルー/イノ × ♀ クリームイノ 、共に Kingdom of Belgium (外産)。

②  生年月日   2019・12・20   クリームイノ  ♂ 

③  同腹は 1羽で、 弟 ブルー/イノ  R No × × ×  114  は 名古屋市に。

※ フォトは 当時 挿し餌中の クリームイノ 、この後 見栄えのする体格の良い 種♂鳥に成長する。

 

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 1:51 PM  Comments (2)

産卵

禽舎内は ぼちぼちと 産卵の開始、又は 産卵モードになってきました。

サザナミインコ の繁殖、そろそろ 本領発揮といきますかぁー(冗談)。

卵の親は、♂ SLG SF コバルト/イノ × ♀ コバルト (露出不足で下手な写真だが)。

他にも ♂ SLG SF グリーン/イノ × ♀ ルチノー など 数ペアがいるが、まぁ 期待半分で見守る。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:12 AM  Comments (2)

Dobune

馬友  moto さんへ、昨日の 札幌 5R  新馬戦は、武豊騎乗の注目馬  ドーブネ が勝ちました。

小生は 相変わらずさんの応援で 楽しんでおります。

秋の 競馬が 海外も含め 始まります、motoさんの 出資馬の 勝利を応援しています。

メールでの返信が難しいようですので、ブログに載せてみました、お身体第一 返信は無用です。

 

  

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 1:30 PM  Comments (0)

版画

我が友 藤田 泉さんから案内状が届いた。

「 日本画・版画・写真の世界 」  ~ 掛工四期  先生と生徒達 4人展 ~

お近くの方は 是非に 覗いて見てください( 2021  9/8 ~ 9/20 )。

場所は 卓球混合ダブルス 金メダルの 磐田市です。

  

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 12:24 AM  Comments (0)

波平くん

何と 久し振りに サザナミインコ、波平くんの 便りが届きました。

我が禽舎から → 新幹線 → 羽田空港から飛行機 → 北海道女満別空港 網走(東京農業大学 オホーツクキャンパス)へ 行ったのが 6年前、当時は 研究室の 人気者だったようである。

今は 確か 三重県の方に お住まいかと。

波平 6歳なり 随分色が 灰色になりました。 でも、元気です。

うちに子供が生まれたため、その子が 触りたがるのを、ヒョイヒョイと 走って 避けております。

時々 走りじゃ 逃げ切れず 飛んでますが・・・。

ただ、1歳の頃から スマフォが大嫌いになり、写真を中々撮れないのが残念です 』。 M・K

 

カテゴリー: サザナミ手乗り — mori-oyaji 12:30 AM  Comments (0)

浅間養狐園

NHK の ファミリーヒストリー は好きな番組である。 今 まさに 私も 体験しようと トライをしている。

母方の 関係を調べているが、素晴らしい 協力者を得たこともあり、これが また 堪らなく 面白い。

祖母の 姉の嫁ぎ先、群馬県 北軽井沢の地  浅間養狐園が その舞台であり、輝か歴史と、今に至る 様々な 人間関係が 分かってきた。

私の手元には、当時 珍しい 洋館 造りであった 住まいと、繁殖の 銀狐舎 の写真が 17枚程あり、歴史的価値も含め 貴重な資料かと思われる。

当時 高貴な人々が集い、 隆盛極めていた様子 が見て取れる、そんな写真を 数枚アップしてみた。

原画は もっと大きなサイズ、また 洋館は 人物が 写っているので、ここでの 掲載は 差し控えた。

 

     

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 12:00 AM  Comments (0)

このページのトップへ戻る▲