トップページ >> BLOG

森の仲間達

禽舎内は快適

本日も雨が降っていますが 禽舎内は 快適で、サザナミインコ 達は 静かに過ごしています。

少し離れてはいますが、浜松市で コロナが発生しています。 この夏の旅は大丈夫かなと思います。

 

      

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 9:31 AM  Comments (2)

禽舎内は

禽舎内は 巣箱を 全て 撤去し、サザナミインコ たちは リフレッシュ休暇 に入っています。

若鳥達は これから DNA鑑定を依頼して、次の繁殖シーズンに備えようと思っています。

 

      

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 4:50 PM  Comments (2)

春 ファイナル

サザナミインコ、このの 繁殖 に於ける  ファイナルの ヒナ達です。

昨夕方に 巣上げをし、只今 挿し餌の 稽古中ですが、この子達は すぐに 上手くなりそうです。

※  7/20(月)、既に 昨夕方から 上手に 挿し餌を食べてくれるようになりました。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 11:05 AM  Comments (2)

稲泉寺へ

野沢温泉、本日も 引き続き 昨日行けなかった湯殿の 湯めぐりへ。 人気の 湯めぐり は 日本の文化かも?。

蓮の花で有名な 稲泉寺(とうせんじ)へ行ってみた。 時期的に ちょっと遅いか、でも 十分に満足できた。

天候の不安もあり、北信州の旅も 友とはここでお別れ、それぞれの帰途につく。

(本日の走行 → 336.6km、全走行は → 671.5km のドライブ旅)

 

      

稲泉寺(とうせんじ)

          

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 11:18 PM  Comments (2)

野沢温泉へ

半年振りに 小さな旅に、長野県 北信州 野沢温泉(のざわおんせん)へ 出かけてみた。

道の駅 〝花の駅 千曲川〟 で栃木の友と合流し、北信濃三大修験場として名を馳せた 小菅神社奥社を目指す。 静寂の杉並木を抜け、山道は厳しく 奥社までは 1時間をかけて やっと登った。

次に 名湯で名高い 馬曲温泉(まぐせ ) へ、絶景(木島平のスキー場はじめ雄大な山々)の 露天風呂であり、参拝(山登り)の疲れを癒すべく、極上の湯で 至福の時を過ごす。

城 好き故に 飯山城址へも 行ってみた。 石垣は なかなか立派で見ごたえがあった。

2時過ぎには 野沢温泉  へ、ここの 売りは 湯めぐり であり、早速 湯殿マップを片手に 温泉街をかっ歩する。

本日は 野沢温泉 河一屋旅館 宿 。(本日の走行 → 334.8km

小菅神社(こすげじんじゃ) 奥社へ

          

馬曲温泉(まぐせおんせん)

  

飯山城址(いいやまじょうし)

      

野沢温泉(湯めぐり へ)

      

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 9:33 PM  Comments (0)

若 3羽

最近 遊んでもらっている サザナミインコ、若鳥 5羽 の内の 3羽 です。

禽舎内は 他に、挿し餌中 が 1羽 (SL G SF コバルト/イノ ♂ 、火曜日には 富士市へ行きます )、

巣上げ 待ちが 3羽 (クリームイノ が 2羽 ♀  & ブルー or コバルト が 1羽 )います。

 

          

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 5:33 PM  Comments (2)

ひな 完成 3

この 残しの サザナミインコ、 挿し餌  最後の ヒナ  コバルト の 完成です。

コバルトは  ルチノー と 並べると より綺麗 に 見えます。

 

      

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 1:37 PM  Comments (2)

本日の #18

巣箱内の 移動を繰り返す #18 の サザナミインコの ヒナ達です。

預けた子(#19 の1羽)もいて 心配しましたが 本日も 3羽 揃って元気なようです。

その デリケートな 母親 (2月撮影)はこんな 綺麗な子、コバルト です(ノーフラッシュ撮影)。

7/2  父親 (1月撮影)も綺麗な ブルー/イノ です(ノーフラッシュ撮影)。

 

    

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 10:03 AM  Comments (6)

7月です

早いもので 今日から 7月です。 我が友 藤田 泉さんの 版画カレンダーも 差替えです。(画像クリックで 拡大に)

今月は 長野県 北信州 野沢温泉に、来月は北海道 宗谷岬 ~ を予定しているがはたして行けるか。

 

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 9:51 AM  Comments (0)

このページのトップへ戻る▲