トップページ >> BLOG

森の仲間達

安土城址 観音正寺へ

808段の石段、琵琶湖湖畔にある 西国三十一番札所 長命寺(ちょうめいじ)へ行く。

次いで いつのまにか 訪れること 7回目となった  織田信長安土城祉へ、ここは好きです(フォト 2&3段目)。

城址内にある 總見寺(そうけんじ)の茶室で 抹茶を頂き、有名な信長公を見せていただく。

最後は 標高433メートルの繖山(きぬがさやま)、 別名観音寺山にある、西国三十二番札所 観音正寺(かんのんしょうじ)へ、以前は 麓から 1200段の石段を登ったが、今やそのパワーは無い(450段のみ自力で昇る)。

西へ向かう出張時、いつも 新幹線の車窓より 見ていた山腹の 観音正寺、逆に 上から見る 新幹線の走る光景は Nゲージ ジオラマ世界美しい(フォト4段目右)

次いで 寺の西側に存在する、国の史跡に指定されている六角氏が居城 観音寺城祉を探索する。

今回の旅は 2日間であったが、足への負担は大きく 大変でした(笑み)。

(本日の走行 → 268.1km全走行 631.8kmのドライブ旅でした)

 

                  

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 10:18 PM  Comments (0)

比叡山延暦寺へ

昨夜 出て途中SAで仮眠し、早朝には琵琶湖で今人気の びわ湖バレイ びわ湖テラスへ。

久々に滋賀県 比叡山(ひえいざん)、世界文化遺産である 天台宗 延暦寺(えんりゃくじ)、三塔(横川西塔東塔)を巡拝する。

比叡山で修行した著名なには、法然(浄土宗)、栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗・越前永平寺)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)がおられ、各々仏教宗派の開祖である。

さらには 武蔵坊弁慶から 徳川三代を支えた 天海大僧正 に至り、やはり ここは素晴らしい。

東塔にある 好きな 国宝 根本中堂は 改修工事で完成は 平成28年か!。

(明日はこの叡山 延暦寺と湖東三山 百済寺を焼き討ちにした、織田信長の安土城祉へ行く)。

琵琶湖湖畔にある 浮御堂へより、近江八幡 で宿。 (本日の走行 → 363.7km

 

              

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 9:39 PM  Comments (0)

小坂・苗木城址へ

2日目、 飛騨 厳立峡 小坂の滝めぐり へ行って見る。 三ツ滝コースを回ってきたが、遊歩道も整備されていて 壮観な滝は素晴らしい。 他の滝は 先の台風に於ける倒木被害の影響で立入禁止は残念。

次いで、2回目ではあるが中津川市、好きな 苗木城址へ。 木曽川沿いに位置し、景観と 残る 石垣 ~礎石群 は実に素晴らしい。 (本日の走行 → 295.5km、全走行は 536.2kmのドライブ旅)

 

              

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 9:08 PM  Comments (0)

下呂温泉へ

日本三名泉」と称され、唯一 未だ来ていなかった 岐阜県 下呂温泉(げろおんせん)へ。 本日は残念ながら天候は雨である。 温泉街 ~ 温泉寺 ~ 高山本線 下呂駅 等を散策し、早々に宿に入る。

露天風呂から見る 飛騨川を挟む 下呂温泉の景観、極上の湯はさすがに素晴らしい。 雨の中、温泉 だけでも来た価値があったと実感する。 (本日の走行 → 240.7km

 

          

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 8:39 PM  Comments (2)

噴火口

火口が一周できる山は好きですね。

上段フォトは、夏の 大室山(おおむろやま) 富士箱根伊豆国立公園、8 息子夫婦に貰った。

中段フォトは、大室山から見た 伊豆大島富士山

下段フォトは、吾妻小富士(あづまこふじ) 福島県福島市 磐梯朝日国立公園、過去 2 行ってみたが 共に強風で 1周はできず、再度行って見たいものである。

 

          

カテゴリー: 旅行,日記 — mori-oyaji 12:01 AM  Comments (0)

札幌競馬場

サザナミインコ   ホットな ニュースは あと少しです、 ・・・・ 先のフライトで撮影したフォトをアップしてみます。

札幌競馬場 ~ 諏訪湖 ~ 南アルプス(北岳・間ノ岳)~ 富士山 です。 (画像クリック → 拡大に)

  クリンチャー武豊凱旋門賞に参戦するようであるが、頑張ってほしいものです。

 

              

カテゴリー: 旅行,日記 — mori-oyaji 12:01 AM  Comments (0)

地獄谷~支笏湖~帰途へ

5日目(最終日)、朝の散策で 登別温泉 地獄谷へ行って見る。

今回 もうひとつの目的が 社台スタリオンへ行く予定であったが、キタサンブラック など 早朝放牧で とても間に合わずで 断念する。 過去2回行っているのだが、あの頃はどうして種牡馬を見れたのだろうか(苦笑い)。

已む無く 支笏湖 経由で帰途 札幌へ、相変わらず綺麗な湖で素晴らしい。 帰りの機内からは、津軽海峡 ~ 青森市街・岩木山 ~ 諏訪湖・南アルプスの勇壮な 山々を 綺麗に見ることができた。

(本日の走行は、124km。 今回のドライブ旅  全走行は、860km

 

              

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 9:33 PM  Comments (2)

洞爺湖~室蘭~登別へ

4日目、やっと天気が回復し ドライブ日和となり、鹿部間欠泉洞爺湖地球岬登別へ。  何十年振りであろうか、変わらぬ 洞爺湖(とうやこ) 昭和新山へ。 白鳥大橋を渡り、室蘭 ~ 美しい 地球岬(灯台)へ。

本日は 登別温泉(のぼりべつ) 宿。(本日の走行は、 222km

 

              

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 8:13 PM  Comments (0)

立待岬~鹿部へ

3日目、函館朝市八幡坂通り立待岬えさんを経由して 鹿部温泉へ。 本日もあいにくの天気、五稜郭の再訪は断念する。  函館のシンボルロード、雨の 八幡坂は港が見えずで 絵にならないか。

森昌子の 立待岬を聞き、早々に 鹿部へ、鹿部温泉 宿。(本日の走行は、 103km

 

      

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 8:05 PM  Comments (0)

江差・松前へ

八雲から 国道 277号線で 日本海側の 江差松前函館へと向かう。 本日の天候も 残念ながら思わしくなく、期待の 真っ青な 日本海は臨めない。

フォトは江差沖で座礁 沈没し、復元された 江戸幕府の軍艦 〝開陽丸〟である。 内部には引き上げられた貴重な遺物が展示されている。 戊辰戦争では 榎本武楊(えのもとたてわき)らを乗せて活躍した船である。

下フォトは、福山城(松前城)である。  ~ 函館へ、期待の夜景は 函館山が厚い雲で覆われて 断念する (どうも函館の夜景には縁が無いようである)、 函館 宿。 (本日の走行は、210km

 

      

カテゴリー: 旅行 — mori-oyaji 8:04 PM  Comments (0)

このページのトップへ戻る▲