トップページ >> BLOG

森の仲間達

SF コバルト/イノ の血統

関西のブリダーさんから SLG SF コバルト/イノ  R 274(9/25) の件で問われました。

我が禽舎 では サザナミインコ に装着のリング No で 遺伝情報のデーター管理をしています。

  両親(左上)♂ SLG DF コバルト× ♀ クリームイノ 、(画像クリック → 拡大に)

♂親の両親  SLG DF コバルト(左下)、♀親の両親(右下) のフォトを 載せてみました。

フォト (右上)R244で、R274 とは 兄弟となる子(4/13)です。

 

      

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 8:03 PM  Comments (0)

飼育 メモ 215

相方の ♀  クリームイノ   R・Kwaguti Daughter R140 が ★に、繁殖モード  だっただけに残念です。

残った サザナミインコは  SLG SF ブルー/イノ  Karakontie で、下段は 独身時代、頭がいフォトです。

実際のカラーは に近い ブルーです。 ひとり身になった この子、どうしようかな?。

 

    

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:00 AM  Comments (2)

ドクター東海

本日は 名古屋車両区に帰る、下り路線を走行する JR ドクター東海 を撮影した。

寒空で待つこと 45分 、AM 9:30  やってきました 4基照明を焚き ゆっくり走行する 姿は やはり恰好 よい。

先頭から、キヤ95-101キサヤ94-1キヤ95-1 の DR1 編成 である。

本機は JR東海の路線以外でも、天竜浜名湖鉄道など 他の路線の検測も担っている。

 

          

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 5:21 PM  Comments (0)

組み換え

なかなか 繁殖に至らない ペアも 何組かいます。 サザナミインコは 簡単なようで難しいか。

この 4羽 は 遺伝情報と DNA鑑定から ペア組をしてあったのですが、待ちの限界が プッツンしました。

上段 コバルト  クリームイノ (この 2羽の性別が疑問です)に、

下段 SLG クリームイノ SLG コバルト で 一緒にしてみました。

 

      

 禽舎内は 繁殖モード、 徐々に上昇中であります。

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 2:50 PM  Comments (0)

機関車

鉄道模型(N)では  電気機関車を主体に 収集しているが、本物は やはり 迫力があって 恰好 よい。

EF66-108 と EF64-1010 号機であり、 共に 好きな 機関車である。

ドクター東海 の 待ちついでに 撮影してみた。

 

      

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 6:16 PM  Comments (0)

ドクター東海

フォト は 新幹線の ドクターイエローに対して、

JR東海、在来線の 軌道・電気総合試験車の キヤ 95系 ドクター東海 である。

鉄道ファンの息子から、本日 12時頃に 通過すると聞いていたので 撮影してみた。

4ヶのヘッドライトを焚きながら、 スロースピードで 走るその姿は 実に 恰好よい。

 

              

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 2:28 PM  Comments (0)

禽舎内

遊びの森、禽舎内はこんな感じです。

サザナミインコ の快適さを第一に、暖房と加湿には気を付けています。

  本日は の繁殖に備え、識別リング (5mm)を オーダーさせて頂きました。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:00 AM  Comments (4)

産卵開始

本来は巣上げまで無事に行ってから アップすべきなのですが、サザナミインコ   ニュースも無いので産卵開始 程度でアップしてみました。

♂ クリームイノ × ♀ コバルト のペアですが、 クリームイノの両親は グレイウイング C-ino  です。

ヒナのカラーは  コバルト・ブルー・クリームイノ  などです。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:02 AM  Comments (2)

但馬 竹田城

見上げてよし、登って見下ろして良し、山城の魅力は 戦国の世へとロマンを誘う(いざなう)。

時空超えて 同じ視点で 雄大な景色を 共有できることの 何という素晴らしさ。

雲海の中に浮かび上がる 天空の城として有名な、但馬 竹田城である。

室町期 山名宗全 により築城、豊臣秀吉の弟 羽柴小一郎秀長も戦勝により城代となっている。

山名宗全 も 羽柴秀長も見たであろう 竹田城からの 眺望は 実に素晴らしい。

この時は 竹田小学校 横からの登山道を使い 竹田城址に登ったが、山道を進む中での 突如の 石垣群との遭遇は感動であった。

  羽柴秀長は唯一  秀吉に物言える人物であり、 後に 大和郡山 110万石の 大大名となる。

 

                          

 兵庫県朝来市和田山町にある 但馬国 竹田城である。

この時の 竹田城探索は 何と言っても 人が一人もおらず、私達だけということが 少し自慢できることか。

緑の絨毯も綺麗で、まさに 日本のマチュピチュ であった。

カテゴリー: 旅行,日記 — mori-oyaji 12:07 AM  Comments (0)

ブラック

♂ SLG SF モーブ/イノ × ♀ クリームイノ 、サザナミインコ の 若ペアです。

♂ は 我が禽舎 ブラックタイドの後継 種♂鳥で、  ヴァンタブラック を借用命名です。

本物は シルクレーシング の 競走馬です(笑み)。 ♀ は 新種♂鳥 (外産)の初子です。

 ディープインパクト と 同血統の 種牡馬 ブラックタイド、 応援しています。

 

  

カテゴリー: サザナミインコ — mori-oyaji 12:00 AM  Comments (2)

このページのトップへ戻る▲