トップページ >> BLOG

森の仲間達

めだか

日記です、流してください。

めだか の赤ちゃんが産まれています。 小さくて 可愛くて なかなか 良いものです。

サザナミインコ の好きな リンゴ が 高いのには 苦慮しています。

サザナミインコ 15羽 の DNA鑑定 を お願いしました。

 

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 9:39 PM  Comments (0)

サイクル

日記です、流してください。 夏の 旅行も無くなり、本日から の旅に備え サイクルの再開です。

朝 6時20分出発で ~  1時間20分、18 ㎞ の走行は 爽快であり 楽しいこと この上なし。

一級河川  菊川(きくがわ)の サイクルロード、穏やかな 流れの 水辺には 水鳥たちも羽繕いで寛ぐが、昨今の 激しい気候変動は  いつ起こるか分からない 災害もあって 怖い。

 

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 10:57 AM  Comments (0)

キャンセルは心が痛む

長雨だった後は、猛暑日が続きます。 サザナミインコの禽舎内は 空調管理のもと 至って爽やかです。

来週から 北海道へ行く予定でしたが、コロナウイルスの拡散は勢いを増すばかりです。

札幌丘珠空港 ~ サロベツ原野 ~ 宗谷岬 ~ オホーツク海沿岸 ~ 紋別 ~ 美幌峠 ~ 帯広 ~ 小樽 ~ 積丹半島 神威岬 ~ 札幌丘珠空港へと。

3 密を回避すべく(札幌・千歳を避け)、レンタカーで 道内(比較的マイナーの地)を回る予定でしたが、この数日の 全国の 発生状況をみると さすがに 考えました。

5月の北九州 に 続き 大好きな 飛行機は またしても キャンセルを余儀なくされました。 飛行機は  ウイルスに対し、構造上 1番安全な乗り物なのに残念です。

ギリギリ迄 躊躇したが、 FDA 始め 宿の キャンセルには 誠に 申し訳なく 心が痛みます。

旅が 生き甲斐の小生、9月の 滋賀への旅も 既に キャンセルをし、この先予定済みの 10月 群馬 ~ 11月 京都 も どうなってしまうのか。

フォトは 一昨年夏に撮影した  札幌丘珠空港の FDA (フジドリーム エアラインズ)機。

 

  

  静岡県民として FDA (本社 静岡)を応援しています。

カテゴリー: 旅行,日記 — mori-oyaji 9:56 AM  Comments (2)

太田川ダム

久々の晴天、以前 施工中であった 遠州森町 太田川ダムへ行ってみた。

ダムは雄大な建造物であり、施工管理者~作業員に至り、造る人たちは凄いと思います。

※  群馬県 八ッ場ダムも 施工中に 2回程 行ってみたが、今は 完成し満面の水を堰き止めている。 このにでも 行ってみたいと思う。

天竜浜名湖鉄道である。 ウォーターボーイズ 2 (市原隼人・石原さとみ)の ロケでも使用されていた、レトロな風情が素晴らしい。 (本日の走行 → 70.3㎞

 

              

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 4:30 PM  Comments (0)

7月です

早いもので 今日から 7月です。 我が友 藤田 泉さんの 版画カレンダーも 差替えです。(画像クリックで 拡大に)

今月は 長野県 北信州 野沢温泉に、来月は北海道 宗谷岬 ~ を予定しているがはたして行けるか。

 

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 9:51 AM  Comments (0)

奥大井 湖上駅

先の週末、自粛解除があって 早速 東京から従妹が 我が静岡県へやってきた。

全国の絶景駅で必ず上位ランキングされる、大井川鉄道 井川線 湖上駅 と 極上の湯で知られる 寸又峡温泉 である。

湖上駅は、長島ダムのダム湖の上を走る トロッコ列車の 駅であり、寸又峡温泉には 全国に知られる ブルー水面にかかる 吊り橋がある。

フォトが送られてきたので 紹介します。 このから 紅葉にかけては ここ奥大井では素晴らしい景色が楽しめます。

皆さんも是非 静岡の誇る 奥大井の世界にお越しください(大井川鉄道の始発駅は、我が隣町です)。

 

          

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 1:20 PM  Comments (4)

父の日

日記です、流してください(笑み)。  二人の 息子(次男と三男に)にもらった。

値段は 知らないが、優しい気持ちは  嬉しいものであり、美味しいこと この上なし。

 

  

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 3:33 PM  Comments (0)

Ð51 200

オーダー してあった、Ñ ゲージ の Ð51 200 号機が 届いた。

先に 購入した c 57 1 号機 と共に、 新山口 ~ 津和野 間を走る SL やまぐち号である。

フォト 右上は Ð51 200 が、まだ 京都 梅小路蒸気機関車館 に 展示されていた時 撮影したもの。

下段 フォトは 島根県 津和野 、 綺麗に 展示保存されている Ð51 194 号機である。

出かけることもできず、相変わらず 大好きな 鉄道模型を走らせて楽しんでいる。

 

      

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 12:08 AM  Comments (0)

野沢温泉

自粛もそろそろ緩和され、来月辺りから 少しずつ旅にでかけてみようと計画する。

湯めぐりが 楽しめる 長野県 北信州 野沢温泉である。

以下 予約した 宿からの お礼のメールですが、心ささるものがあり ご紹介したく思います。

 

『 12日より営業を再開させていただきました。ここまで本当に長い時間でした。せっかくご予約いただいたのに、お客様にお願いをしてキャンセルをしていただいたり・・。

 村内を歩く人がまったくいなくなり、静まり返った界隈に恐怖さえ感じたり・・

 社員みんなの生活がどうなってしまうのか、会社がどうなってしまうのか、言いようもない不安に駆られたり・・。

12日に 無事に営業を再開できたのは、まだ予断を許さない世の中の状況でも その日を楽しみにお越しくださるお客様のおかげです。

そしてなんといっても 社員みんなの理解・忍耐・知恵・勇気のたまものです。

感謝しかありません。 ありがとうございます 』。 河一屋旅館

外湯めぐり →  https://nozawakanko.jp/about/hot_spring/sotoyu/

( 画像クリックで → 拡大に )

  

カテゴリー: 旅行,日記 — mori-oyaji 10:56 AM  Comments (0)

飛行機のコロナリスクを検証する

我が従弟 航空ジャーナリスト 北島幸司 の PRESIDENT Online への最新記事です。

『 飛行機の利用にはどれだけのコロナ感染リスクがあるのか。航空ジャーナリストの北島幸司氏は「機内は2~3分ですべての空気が入れ替わるなど、『3つの密』を防ぐ仕組みが備わっている。搭乗者が注意すべきなのは機内での感染リスクよりもフライト前後の行動だ」という—— 』。

下記クリックで、 「感染者1100人が搭乗も2次感染ゼロ」 飛行機のコロナリスクを検証する

https://president.jp/articles/-/35827

 

  

下記  北島幸司PRESIDENT Online への記事です、合わせてどうぞ。

https://president.jp/list/search?fulltext=%E5%8C%97%E5%B3%B6%E5%B9%B8%E5%8F%B8

カテゴリー: 日記 — mori-oyaji 1:53 PM  Comments (2)

このページのトップへ戻る▲